jpgbhfghfg





今まで使われていた凶器は鈍器、または鋭い刃物

なぜここにきて大型のチェーンソーをつかったのか

この事件だけが、今までの犯行パターンと違い、不可解なのだ

小さな手形から察するに模倣犯とでもいうのだろうか









ギルドナイト「襲撃事件です!!」











20160920_9ce7d







今回、使われた凶器は鈍器 


そして重傷を負いながらも1名だけ生存者がいた


彼女はベースキャンプ襲撃事件の唯一の生き残り


怪我の回復を待ち、事件の詳細を聞くべく、ラスタ酒場へ待ち合わせた








20160922_637ae







今までの事件で犠牲になったハンターたちは原形をとどめていなかった



なぜ…彼女だけ









生存者「彼は最後の一振りをやめたのです なにか思い出したかのように」




生存者「おそらく彼はマエソン…」









話を聞くと、3年前 クエスト出発前夜ベースキャンプにて

盗みを主とするハンター達に襲撃され湖に落とされたらしい

ギルド側はなにも調査をしないまま単独事故と判断

表に出ないまま消え去った事件なのだとか

彼は狩猟会主催のコスプレイベントでホッケーマスクのカッコをよくしていたらしい









jpgbhfghfg






聞き込み調査をすると彼はこよなくランスを愛していたらしい


ホワイトディザスターを愛用しており、返り血を浴びても染みつくことはない


むしろ洗い流すかのように受け流す


そして霜は鉱石のように輝きを放ち


武器愛好家や各大陸の王たちは高価格で取引していたのだとか


盗賊に狙われた原因なのかもしれない


洗礼された美しい槍と共に狩りに行く、彼の姿 


槍捌きは紳士そのものだったとか


その彼が残忍かつ凶暴性のある者に変わってしまった原因は…




彼は何がしたい


復讐か


白槍を奪い返すためなのか


ただの猟奇的犯行か





今夜は早く寝よう 連日の事件の疲れが出てきたようだ




















20160923_4aef5












jpg23232

















20160923_4aef5


















jpg23232
























ギルドナイト「事件です!!デッドタイゾウ!!」















こんな真夜中に…


目撃者はいなかったらしい


受付は深夜勤務による居眠りでわからないと答えた


現場にはガンスがなくなっていた












調査資料を照らし合わすたびに一致しない

わからない…ただひとつ言えること

彼はこの街の近くに潜んでいるということ

ただそれだけは明確だ














ジェイソン








END